宮沢賢治2014/11/03 23:30

 まぁ、ちょっとしたきっかけではあるんですが、なんだか読む気になってからいままで、家に最初からあった本に加えブックオフで買ったのを合わせて5冊ほど、片っ端から読みまくりようやく完読いたしました。 なんだか面白くって、最後まで躊躇無くいってしまいましたね。

 思えば宮沢賢治の小説はなんとなく学校の教科の中に浸透しきってるような気がします。
 「教科書に出てた」とか「図書室で見た」とか、「先生の読んでもらった」で、まるっきり知らないなってことはあんまり無いはず。 σ(^_^)の場合も教科書でいくつかの話は教わっていましたので。

 でも、比較的長編の「風の又三郎」や「銀河鉄道の夜」は、これまで読んだことはありませんでした。(^^;) 改めて読んでみると、独特の世界観がとっても不思議。あとは宗教的な要素もいろいろ含まれているのが分かります。彼は仏教徒かも知れないんだけど、小説の中身はそれにこだわらないような、もっといろんな宗教の混ざった感はありますが、表現の仕方は理解しやすいかも。

 でも私的に興味深いのは、人間が動物や植物、"もの"にいたるまでいろんなものと対等に会話することで広がっていく世界。「セロ弾きのゴーシュ」くらいは読んだことありませんか? あんな感じでいつもは違う世界で過ごしているもの同士が会話しているって、なんとなくファンタジックではありますが、実際にはできそうでできない世界ですよね。

 他にも、σ(・_・)が思っている以上に彼の作品の数は多かったんです。中には面白いよりも生々しい表現のものがあったり、ちょっと恐ろしすぎて絵本にはできないだろうなと思うようなものもありましたし、それらはみんな、その時代(大正~昭和初期)の東北地方の環境、気候、生活習慣など、楽しいばかりでは無く厳しかったころの時代を反映した、それでも庶民的なお話しばかりでした。
 岩手を旅行してから読むようになったというのも、少々良かったのかも知れません。

 あ、記念館には以前に行ったことはありますよ。上にも書いたとおり今回のが無くっても、彼の作品はいくつかは知っていましたからね。でもまた行ってみたい。面白かった作品が増えると、また違った見方ができるかも知れないですからね。

 今回一通り読んでみて、初めて読んで面白かったのは「雪渡り」「蜘蛛となめくじと狸」「グスコーブドリの伝記」あたりでしょうか。
 
 「銀河鉄道の夜」のDVDも見てみたいなぁ。

いつもとちょっと違う日2014/05/10 00:40

 朝、いつものように出勤し、始業前にぼーっとしていたところ、突然上司がやってきて
 「突然で悪いんだけど、今日の出張に付いてきてくれない?」

 え? え?? 前準備どころか着替えも持ってきてないんですが?
 「午後からだから、いったん家に帰って着替えてくればいいよ。」
 ・・・というわけで、朝から出張準備に追われ、昼間に家に帰ることに。

 つかの間の帰宅。上の子が昨日から体調が悪かったが、今日になってかなり回復した様子。
一安心して、再び出発。
 
 都心の出張先へ。あんなにいい天気だったのに、建物に入ったとたんに雲が広がり、あっという間に大雨、雷。もしかして"雹"も降っていた?? 間一髪セーフ。危なかったぁ。他のメンバーの方は雨に出くわしたらしいんだけど、折りたたみ傘を持っていたそうだ。さすが営業職。

 仕事は順調に終了。でも終わったときには真っ暗。いつもより帰りが遅くなりそう。でもせっかくここまで来たんだから、久しぶりにドーナツでも買って帰ろうか。 帰りの電車は混んでたけど、ドーナツの箱は必死に守った(^^)。 なんか今日は1日が2回あったような気分。遅くに2度目の帰宅。

 帰ったら、嫁さんは掃除していた。ゴミ出しの日だったので、これはいつものことだが、帰りが遅かったせいか待ちきれずに忙しい様子。下の子は相変わらず泣き叫んでいるが、かまっている暇は無い。終わり次第、上の子を風呂につれて行ってしまった。 σ(ー_ー)の晩ご飯は「場所わかるでしょ?」 

 仕方なく、下の子を抱えながら準備、しかも上の子の風呂の間にふとんの準備をして、それから独りで食事。 と思ったら、風呂から上がってきた子どもを迎え入れ、体ふき、服を着せて、そのまま寝かしつける。そしてまた食事の続き。 子どもの風呂というのは本当に"夫婦の連係"が大事なので、これをしないと2人の子どもを上手く入れられない。 でも今日はタイミングが悪かったなぁ。
 
 食事の後も、片付け、食器洗い(食器洗い機に入れるだけだけど)。下の子は泣き止んできょとんとしているけど、基本的には一人で黙々と家事を進めておりました。それらのほとんどは今日に限らず、いつもやっていることなんだけれど、帰りが遅かったので一人残された感が強くなってしまったんですね。ドーナツはテーブルに置かれたまま。

 ・・・そんな私は、今日が誕生日。

入園式2014/04/08 23:55

 ついにこのときがやって参りました。
 もしかしたら、上の子にとっては「人生初めての」一大イベント。
 世間の“入学式“は昨日が多かったようですが、なぜかうちの子が行く幼稚園では今日が入園式。

 ・・・ですが、当の本人はやっぱり、これから何が起こるのか全然分かっていない様子。
 今朝も早起きして、ご飯もそこそこに「プラレールで遊ぼう!」と言って親を困らせる始末でしたが。。
 早めに朝食。新品の服に着替えていよいよ出発!!

 さてさて、予定よりずいぶんと早く着きましたが、こちらも世間の“お父さん“と同じ仕事--つまりいろいろなところで「記念撮影」を敢行しなければいけないわけで。 入園式の看板の前ではすでに行列。ポーズを変え、子どもをなだめすかし、カメラから携帯に至るまで、何枚も撮影。自分が入るときには周りの誰かに撮影をお願いし、他の人の撮影にはカメラを預かり、いきなり大忙し。

 んでもって、これからお世話になる先生方やスタッフの方々、いわゆる“ママ友さん“方にも一通りあいさつを済ませ、ようやく会場へ。
 ・・・・
 
 いやぁ、それにしても子どもたちの落ち着かないこと。(^^;)
 さすがに遊び回る子はそうそういないけど、親に引きはがされて泣き叫ぶ子どもたちが多数。
 会場は終始そんな子どもたちの悲鳴が飛び交う中で行われていました。。
 お歌を歌い、園長先生のあいさつ、クラスの先生のあいさつ、寸劇のようなもの・・・
 あいさつや司会進行をしない先生方はみんな、泣きっぱなしの子の世話で会場を走り回っていました。
 ま、まあ、うちの子は特に泣きもせずにおとなしくしていたようですが、ちゃんと見ていたかどうかは(^^)。。

 σ(^_^)の頃は2年保育が普通でしたから、1学年低い3才からの幼稚園ってのは経験がないんです。 なので子どもたちがどんな授業を受けて何を楽しみにするかなんてぜんぜんわからないですね。
 なので、この光景が毎年恒例なのかどうかも不明。
 
 当然、その最中もσ(・_・)は終始“撮影係“としてカメラを構えたままぱちぱち撮っていましたよ。
 ほかのお父さんたちも携帯やらビデオカメラやら・・・ 思い思いの機材で撮影をしておりました。
 (σ(・_・)の一眼レフに「いいカメラですね」と言ってくれたママ友さんに、むかし撮った“趣味“の写真を自慢げに見せていたら嫁さんにしかられたが)

 さて、式の終了後も園庭のすべり台などでちょっと撮影をして、家に帰ってからも公園などに出かけて一日を過ごしたのですが、やはり今日は大きな節目の一日になりそうですね。
 いつのまに、子どもが大きくなったもんだなぁとつくづく実感されます。
 
 σ(・_・)にとって感慨深いのは、これから先、もう何年も何年も続く、「平日は朝起きて○○に出かける」と言う生活が、まさに今日から始まるんだ、ということ。 それまでは朝起きても何となくご飯を食べ、遊びながら一日を過ごすだけの生活だったけれど、これからは午前中は家にはいなくなる日々が続くのだなぁ、と。

 晴れの日も雨の日も、必ず出かけ続けるんだ。
 眠くても気分が悪くても、出かけなきゃいけないんだ。
 小学生になっても社会人になっても、出かけ続けるんだ。
 ・・・・・・・・
 (吉田戦車のマンガに出てくる○○○のような・・・と言うツッコミはなしよ)

 こうして、うちの子も少しずつ現代社会の一員になっていくのですね。

 ま、いきなり何から何までと言うのは無理かも知れませんが、これからは早起きの習慣をつけなきゃいけないのと、あとはトイレとか食事とか、最小限のことがちゃんとできるようになってほしいです。
 今日がメインではなくて、今日からがスタート。長い道のりだけどゆっくり大きくなっていってほしいな。

 (写真はありません。 見たい方は個人的にメールでお願いします。(審査はあります(^^)))

最終回ラッシュ2014/04/02 23:14

 ・・・この週末から月曜にかけて、いろいろ気になる番組が最終回を迎え、芸能ニュースで大きく出ていましたね。
 今回は珍しくいくつか録画にとり、じっくりと見てしまいました。

 まずは『はなまるマーケット』
 ---それ以前までは聞きたくもないいろんな人のゴシップものばっかり集めたワイドショーものしかやっていない時間帯に突如入ってきた情報番組で、あっという間に「平日休みの楽しみ」になった番組でした。 出演者がどう・・・というよりは、出てくる情報がけっこうためになるネタばかりでしたね。 独り暮らしだと、料理とか掃除とか忙しいので、けっこう役立ってました。

 あぁもう17年も続いていたのか。。 でも17年前もすでに社会人であったことに自分でビックリ。
 最終回映像で衝撃的だったのは「岡江さんの無表情で虫を捕まえるシーン」。何となく笑っちゃったけれど、最後のゴールを迎えるところではやっぱり泣きそうに。。


 続いて『ごちそうさん』
 ---いったいなんでなのか?? 『あまちゃん』などぜんぜん興味はなかったんだけど、なぜかこちらは良く見ていましたね。土曜も見られましたからね。さすがに毎日ではなかったけれど、何となく話は分かっているつもりで「もう終わっちゃうの?」という気分。 この時間のドラマって、毎回 あ、どうするんだろ?? みたいなドキドキで終わるけど、最終回はハッピーエンドで良かった。 


 そして、『笑っていいとも!』
 ---もう言うまでもないでしょう。昔の職場では毎日休み時間に見ることができたのですが、最近ではすっかり興味がなくなったのも事実だけど、やはり最終回は寂しいし名残惜しいですね。

 なんとなく、昼にはこれが必ずあるってのがどっかにあって、それが普通の生活の一部になっていた。でも久々にレギュラーのいいともを見ていて、やっぱりタモリさんも年取ったのかなぁって感じたんです。
 顔のしわが増えて表情も緩くなってきたし、テレフォンショッキングで会話しているときでも座っているときの姿勢が傾いてきた。
 昔っから全然変わらないような気がして、やはり時間は確実に過ぎて行ってるのですね。今時なら昔の映像からどんどん今に近づいていく変化を見ることができるけど、それを見てると明らかに違いますからね。

 32年も働いてたら、そろそろ定年退職っていうのちらつく頃か。
 最終回スペシャルはどんな企画をそろえて楽しませてくれるのかと思ったけれど、中身自体はシンプル。でも一緒に出ていた人たちの正直な気持ちが伝わってくる感じで非常に良かったです。
 ローラのマジ泣きなど、他ではあまり見られないんじゃないかな。

 まぁ本人はひょうひょうとした表情で最後までいましたが(途中泣いているかな?ってのは何回かあったが)、本人が満足なときに終われるのは、それはそれでいいのではないでしょうか。

 ん~、これからはまた面白い番組がなくなっていく。 これからの新番組でも、何か期待できるものがあったらいいんだけどなぁ。

ラジオ2014/03/17 23:50

 きっかけは、地元のラジオ放送でやったいた電話インタビューと、そのときに出ていたプレゼントに応募したことでした。
 東日本大震災から3年・・・ってことで、被災地で立ち上げたラジオ局「女川さいがいFM」で働いている女子大生がいろいろ話していた後、その頃の話がDVDになったとかで興味を持ったもの。 
 いちおう1名分しかなかったものの、そのDVDに当選したときはラッキー! くらいにしか思っていませんでした。

 で、さっそく見てみると・・・
 
 ・・・・・・・・・

 あぁ、なんかこう、、 いろいろやるせない気持ちになるなぁ。。


 話の中身は、被災して、引きこもってしまった女子高生(当時)が、地元の臨時のラジオ局に働くことになったんだけど、なかなかなじめなくて、自分の気持ちを書いたブログが炎上したりして、いろんなことに悩んだり、はげまされたりしながら成長していく・・・ みたいなもの。
 でもその過程はハッピーなことはあんまり少なくて、どちらかというと悩み、悩まされながら、それでも毎日生きていかなきゃ・・・ みたいな壮絶なもの。

 被災だけでも想像を絶するほど苦しいのに、そのあとの周囲の変化、世間の変化、今後どうなるのか、どうしていいのかも分からないままで日々を過ごさなきゃ行けない。 でも何をしていいのか分からない。そんな負のスパイラルの中で、「ラジオ」をきっかけにして、徐々に自分の行くべき方向を見つけていく・・・ って感じです。

 震災後の瓦礫の受け入れ問題については世間でも賛否両論であったし、自分としても言いたいことはいろいろあるけれど(ここでは言わないが)、一人の女子高生が話題にするにはかなり重荷だったかなぁ。 
 「世間との距離」「電波を使って広まっていく範囲」は誰しものが予測できない早さ(しかも自分が知らない間に!)で急速に発達しているだけに、そんな現実を受け入れることはそうそうできるものではなかったはず。

 私の中では、DVDの主人公の彼女は今も苦しんでいて、でもそんな中にいつまでもとどまろうとせずに必死で生きている。生きている意味を探そうとしている。そして、世の中のために何かできることを探そうとしている。(それは震災後に誰もが一度は考えたこと、と同じように)・・・ っていう風に、正解はないんだけど、彼女なりの「答え」を一生懸命探している姿を見ているような気がして、胸がいっぱいになってしまいました。

 誰かが「ドラマ・・・というよりは、大変質の良い映画を1本見おわったような感じ」という感想をつけていましたが、σ(・_・)もそんな気分。
 と同時に、なんか軽い気持ちでプレゼントに応募してしまったσ(ー_ー)がなんだか申し訳ない気分になってしまいました。

 東北の沿岸部は何度も旅行で行ったのですが、女川辺りだけはまだ行ったことがないまま。そして電話インタビューを受けていた方がDVDの中の誰かももう分からないけれど、もう少し自分になじみの土地や人柄だったら、また違う感想を持っていたかも知れません。
 
 1日も早い復興、そして旅行ででも女川に行ける機会ができたら・・・ と、切に祈るばかりです。

カレー皿2014/03/03 23:26

 ローソンでキャンペーンをやっておりまして。
 シールを集めると食器やらがもらえるっていう、良くあるヤツですが。

 どっかのパンのようなものではなくて、リラックマとかミッフィーとかのキャラクターものが入っている、ちょっとだけ特徴のあるヤツですね。
 思えばわが家の中ではこの2つのキャラクターは"2大人気"キャラクターで、多少、家にあるものでも(皿とかカップとか)な~んとなくシールを集めて1,2枚くらいもらっていました。 ミッフィーの皿をもらって「もういいや」と思っていても、次にリラックマのカップとかが出てくると、また集めてしまう・・・ みたいな。(^^)   (ちなみに、キティが出たときは見向きもしなかった。)

 ところが・・・!!

 昨年の12月頃だったか、「ミッフィーのカレー皿」が出たときは表情が変わった。
 なぜなら、今まで使っていたカレー皿がそろそろくたびれていて、一部欠けていたりってのが目立ってきていたからだ。
 そろそろ買い換えなきゃなぁなんて思っていたところに・・・ これはチャンス!! ここで一気にためれば!

 ということで、もう一度ルールを確認。
 ・対象商品(パンかデザート)¥100-ごとにシール1枚。
 ・これを30枚集めれば、皿が1枚もらえる。

 でも、まぁ、、 わが家はパンを食べる習慣なんてなかったのですが
 ・土日の朝はパンにする。
 ・年末年始の休み中もパンにする。
 ・散歩がてらに外出したときは必ずローソンに寄り、デザートを買う。
 ・平日の昼間でも、たまにはパンを買う。

 ・・・をした結果
 カレー皿を5枚獲得することができました♪ (^_^)v

 思えば独り暮らしの時から「集めてもらえる」系は積極的でした。
 でも、どこかのパン祭りみたいな特徴のないものではなくて目立っている方ね。
 
 長野オリンピックの時にはマックの記念絵皿が欲しくて、最初は1枚でもいいかと思っていたのが、気づけば5枚。五輪の色全てが揃ってしまったことで、これなら使わずに記念に残しておこう・・・ と、結局未だに使えずじまい。
 ワールドカップの時にもらったスポーツタオルも相当な枚数、こちらは子供用に使い込んでいるけど。

 そんな感じで、カレー皿のキャンペーンは終わってしまったのですが、ローソンは次から次へと別のキャンペーンを展開しております。そうとう人気なのでしょう。
 で、次は・・・
 
 リラックマどんぶり

 で、これを嫁さんに見せたら・・・ 「欲しい!」

 (^^; (^^; (^^; (^^; ・・・・
 さて、どうなることやら。

大雪です2014/02/08 23:43

 そんな中でも、σ(ー_ー)はいそいそと外出してきました。
 先週は土曜出勤、来週も出勤。
 今日は休みだったのですが(ラッキー!)、スポーツクラブに行く機会がなかったので今日こそはと思っていたので。。
 あとは橫浜駅周辺で買い物など。

 栃木や新潟にいた頃と違って、車にスタッドレスタイヤを履かせていなかったので、車は絶対ダメ。なので駅まで歩いて電車に乗りました。
 こういうときに、昔買った雪靴(スノトレ?)が役に立つんだなぁ。

 スポーツクラブは順調にこなし、また駅まで歩いて行くのですが、今日は雪もひどかったが風もすごかった。粉雪だったから気温も下がったのかな。向かい風では雪が目に入って開けられないし、ほおも痛い。やっとの思いで駅に着いたら電車がノロノロでなかなか動かなかった。 こんな雪じゃあ、そりゃそうなんだけど。

 
 ・・・ピントが合ってないけど、よく見えるかな?
 それにしてもすごい接近運転ですね。このとき、σ(ー_ー)の乗りたかった電車は16分遅れ。乗った先でもいろんなところで電車が数珠つなぎのように止まっていたこと。こりゃあ帰りは大変なことになるなと思いました。

 なので、買い物を済ませたらさっさとバスに乗りました。道路だって積雪で大変なことになっているだろうから、まぁあまり期待しないでのんびり帰ろうと思っていたのですが、バスの運転手さんはがんばっていた(^^;。タイヤにチェーンをつけていたのにいい走りっぷりだった。。 これじゃあ夜の交通渋滞にはまったとき寄りはよっぽどがんばっていたんじゃないかと言うくらい。 やはり大型二種免許は違うのか。

 やっとの思いで帰宅。でも雪かきがなぁ。道路は新雪がふわふわしている間はまだ歩けるけど凍結したら恐い。なので、今は家の周りだけ雪をどける程度にして、本格的な雪かきは明日やることに・・・ と思っていたら、むしろ家のベランダの方が大変だった! エアコンの室外機が埋もれていたからね。慌てて靴とスコップを持ちだして雪かきしましたよ。 あ~雪国の人たちはこういうことに苦労しているんですね。

 今日はとにかくいろんなことに疲れたけど、明日以降も雪に悩まされそうなので、こもりっきりじゃなくて雪かきとかいろいろ考えなきゃならなくなりそうですね。