参観日2014/06/16 00:00

 なんか、σ(ー_ー)もこういうのに呼ばれるようになっちゃったんだなぁ、、、 と、ちょっと感慨に浸るべきか、年を取っちゃったような感じなのか、複雑な心境のまま。でも妙に遠足の時のようなわくわく感も多少持ちながら行ってきました。 梅雨の合間のいい天気で良かった。晴れ

 子どもと二人っきりで歩くのってそんなに少ないことではないので、あまり変な気分になることは無かったんだけど、幼稚園までは結構長い道のり。子どもの方も今日は特別!ってのはなくて、いつもの登園と同じような気分だったようです。
 園に入ってからはあいさつ、靴の履き替え、教室に入ってカバンの整理、出席の確認なんかマイペースでノロノロなんだけど、こっちは見ているだけでおろおろするばかり。

 でも、今日はそんなんでいつも違う何か・・・ってのがそんなに無かったようですね。歌を歌ったり、体操したり、外で遊んだりも一通り見たけど、ちょっとお友達と上手く遊べてるのかな? とかあったけど概ね心配はなさそう。まだ小さい分、大暴れってのはなくてちょろちょろ走り回っていました。

 周りのお父さん方を見ていると、こちらも事前連絡があったせいか気張っているような人は皆無。その代わりビデオカメラや本格一眼レフなんかを持ってきて子どもの活躍を少しでも多くと撮影している方けっこう多かったです。σ(ー_ー)も一眼レフくらい持ってくれば良かったか。 昔は黙って見ているだけだったんですけどねぇ。

 最初は様子を見ているだけだったのですが、途中からはお父さんも参加の粘土細工。いろんな動物を作りました。子どもは例によって「ぞうさん!」「ライオン!」とか好きに言ってくれてるけど、ほとんど作れなさそうだったので、指示はσ(・_・)から。 3,4才くらいではまだまだ言うだけで何をしていいか分からないようですね。 粘土のかけらをくるくると伸ばして"鼻""足"くらいなら作れるけど、あとはσ(・_・)の手助けつき。 そしてその合間合間に自分も作ったのですが、、馬を作ったつもりなのに「キリンさん!?」と言われてしまい、結局キリンさんで通用させることに。 でもちゃんと立たせることができたので、上手くできたと言っていいのかな。

 その後紙芝居を読んでもらう・・・ と思ったら、今日はだれか観に来たお父さんの中から選ぶことに。。

 先生 「みんな、自分のお父さんに読んでほしいひとー!」
 子どもたち 「はーい!!」
 先生 「それじゃ、紙芝居を読んで見たいというお父さんはいますかー?」
 σ(ー_ー) 「はー・・・ あれっ??」

 このとき、手を挙げたのはσ(ー_ー)だけ。え? これはみんな揃って手を挙げるべき場面ではなかったの?? ・・・結局σ(ー_ー)が恥をかきかき紙芝居を読む羽目になってしまいました。もうやだ~(悲しい顔)
非常に赤面だったけど、上手くできたのかなぁ??

 そして最後に、子どもたちから親に感謝の意味を込めて(?)作ってくれたのが写真のもの。ま、まぁまだ小さい子どもに「お父さんの顔」ってったって無理なんだろうけど、まぁそれでも何を書いているのは分かる気がします。子どもに直接「これなぁに?」って聞いたら「うちゅうじん!」って答えてはいたんだけどさ。。

 幼稚園に通うようになると、子どもの名前がきっちり呼ばれたり、受け答えとか物作りだとかでいろいろ驚かされたりとかで一気に成長していくのが分かりますね。それが頼もしかったり、上手くいっていないときは悩みの種だったりするんですが、お友達とのつきあい方とかも含めて、困らせることなく立派になっていってくれるといいな。

320km/h初体験2014/06/26 22:58

 今回は盛岡に出張で行ってきました。(^^)
 
 ちょうど1ヶ月前もそっち方面に行っていたんですが、今回は仕事です。
 なので、この日は「こまち」で(^^)。 なんだか車内はいろ~んな"細部"にまで秋田にこだわったデザインで(シートは黄金色、カーテンや仕切り扉や床下にまで稲穂のシルエット)、感心するばかり。
車両の幅が狭い分、天井を高くして開放感を作っているようです。

 では・・・
 
 速度が上がるのは宇都宮から先なのですが、今までは"宇都宮に止まらない"新幹線もそうそう乗ることも無かった。 10年前まで住んでいましたからね。 なぜここまでは速度上げないのかな?とも思ったのですが、所々に住宅が線路近くまで広がっていたからでしょう。
 さて、いよいよ・・・ と思ったのですが、

 どこから速度が上がったのかよく分からない。(-_-;) 

 おそらく、宇都宮の駅を通過するやいなや、と言うわけではなかったと思うんです。でも那須塩原はかなり高速で過ぎて行ってしまったんで、その途中のどこかでは必ずスピードアップしている。 「あ、加速した。.」って感じが分からないんですね。
 最近の新幹線はいろんな細部にまで工夫を凝らして乗り心地改善に取り組んでいるとは良く聞くのですが、σ(ー_ー)はもともと乗り心地の悪い車両もあまり気づかないたちなのでよく分からないまま。

 仙台を出て、次は盛岡・・・って時に時刻を見たら、なんと仙台~盛岡間は40分程度で着いてしまうんですね('_')。 この前乗った新幹線は、この区間が「各駅停車」だったので1時間以上もかかっていたのを考えると、なんという早さ。 車窓やモーター音よりも、この時間のかかり方で「あぁやっぱり速いんだな」と分かるような、快適な新幹線の旅でした。

 500系みたいに「只今320km/hで走行中・・・」ってのを車内案内で出してくれると良かったのに。